FC2ブログ

ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓私の参加しているお気に入りのコミュニティです↓
出会い 出会い系サイトの口コミ 出会い系サイトの簡単攻略 出会い系サイトのランキング 出会い系サイトのお役立ち情報 写メの掲示板 メル友の出会い セフレの出会い 逆援助の出会い 中高年の出会い ロリ巨乳の出会い 人妻の出会い 熟女の出会い 出会い系サイトのクチコミと評判 悪質出会い系のクチコミ 出会い系サイトのサクラ SENTARの攻略 女性の出会い系口コミや評価 出会える出会い系サイトのランキング 恋のお便り攻略情報 YOUTUBEのエロ動画まとめ 出会い系サイトのランキング TUBE8のエロ動画まとめ セフレ掲示板でセフレと出会い 裏アゲサゲのエロ動画まとめ 芸能人・女優の濡れ場ヌード動画 放課後の少女 萌えた体験談のコピペ
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

地元でカレに会う 4

こらえきれなくなったのか、マーは私を上半身のほうに抱きよせキスした。

「よしこのフェラ、すごくいいよ。」
「私もマーさんのおチ■■ン、大好き。」
「もっといっぱいイカせてやるよ、よしこの大好きなの、してやる・・・。」

そう言うと、マーは私の腰を引き寄せ両足の間に体を入れ、自分の顔面に私の股間がくるように体勢を変えた。
顔面騎乗。すごく恥ずかしくて、すごく感じる、イヤらしい愛撫。

「ほら、感じるように自分で動いてみな?」
両手で乳房を揉みながら、私の陰部の下でマーが言い、大きく舌を出す。
私はゆっくり腰を下ろす。マーの舌にクリトリスを当てる。マーは舌をくねらせた。クリトリスを口に含んで舌でまわす。

「あぁぁ・・ううん・・・、マーさん、そこ感じる・・・、止めないで・・・。」
股間全体をマーの顔面に押し付け、腰を細かく揺らせると、私はすぐにイッた。

「もう我慢できないよ、よしこ、挿れていいか?」
「挿れて、マーさん、欲しい・・・。」

”ちょっと待って” と言うと、マーはローターを手にして、ペニスを待つ私のヴァギナに突っ込み振動させた。更にゴムを着けた自分のものも挿入。
奥ではローター、入り口付近でマーのペニス。私はよがったけど、泣きそうな表情だったと思う。

「どっちがいい?よしこ、どっちが感じる?」
「マーさんの、だよー・・・。」

マーはいったんペニスを抜き、ローターも外に出した。
再びペニスをヴァギナに挿れ、私の手首を両手で押さえつけた。欲望を一気に吐き出すかのように強く激しく突き始めた。

「あぁ・・・、ずっとよしこのオ■■コに挿れたかったよ!」

地元でカレに会う 4


激しく乱暴に膣の奥深くまでペニスを打ちつける。荒くなるマーの呼吸。
「おぉぉぉ・・・、イッていいか?ダメだ、イクよ?」
「いいよ、マーさん、イッて・・・、イッて。」
「よしこ、よしこ・・・、あぁぁ、よしこ!」


急に時間が止まったような感覚。ゴム越しにペニスの静かな蠕動を感じる。マーはイッた。

しばらく彼と話をする。
これからどうやって付き合っていくか。彼のほうの事情で、2ヶ月ほど私と会うのが難しくなるらしい。
「会わなかったら・・・、マーさん、私のこと忘れちゃうね。」 私が不安そうに言うと
「俺は忘れないよー。そんなふうに言うなんてよしこが俺のこと忘れちゃうってコトだな?」
マーは笑って私のお尻を叩いた。
ホテルにいたのは2時間弱。あっという間に時間は過ぎた。

駅まで車で送ってもらい、別れた。
最近感じていたマーとの気持ちの距離が少し埋まった気がしたが、地理的距離を保つため、それぞれの場所に帰っていく。

その後は、またいつも通りのメールのやり取り。次回会う約束はしてある。
でも。
マーは私のことを、性的欲求のはけ口の対象としてしか見ていないのかな、と思うこともある。
ギタの言うように ”セフレのような関係” と割り切って付き合ったほうがいいのかな、とも最近思う。


↓私の参加しているお気に入りのコミュニティです↓
出会い 出会い系サイトの口コミ 出会い系サイトの簡単攻略 出会い系サイトのランキング 出会い系サイトのお役立ち情報 写メの掲示板 メル友の出会い セフレの出会い 逆援助の出会い 中高年の出会い ロリ巨乳の出会い 人妻の出会い 熟女の出会い 出会い系サイトのクチコミと評判 悪質出会い系のクチコミ 出会い系サイトのサクラ SENTARの攻略 女性の出会い系口コミや評価 出会える出会い系サイトのランキング 恋のお便り攻略情報 YOUTUBEのエロ動画まとめ 出会い系サイトのランキング TUBE8のエロ動画まとめ セフレ掲示板でセフレと出会い 裏アゲサゲのエロ動画まとめ 芸能人・女優の濡れ場ヌード動画 放課後の少女 萌えた体験談のコピペ
【2009/12/21 19:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

地元でカレに会う 3

マーと会う4日前に、私はギタと初めてセックスした。
全ての事情を知っていて、それでいて私を深く想ってくれているギタはこう言った。

「距離があるから、俺、なかなかよしこさんに会えない。悔しいけど、よしこさんが寂しい時、メールやメッセ、電話でしかで気持ちを伝えることができない。
よしこさんのこと全部が好きだから、誰と会おうと構わないし、誰かに抱かれたいのならマーさんとセックスするのもいいと思う。
でも、心だけは俺に残しておいて・・・。マーさんと寝ても、そのことを俺には言わないで。」


地元でカレに会う 3


私がイクと、マーは別の玩具を取り出した。さっきよりもゴツゴツしていて大きい。
十分に濡れきったヴァギナを先端部分が分け入ってきた。マーがスイッチを入れると、グニグニと動き出す。バイブだと思った。

私の反応をじっとうかがいながら、奥へ奥へ、深く挿し込むマー。両足の間で複雑な動きをするバイブ。
身をよじらせて、腰をくねらせて、私は感じた。

マーはバイブを抜き取り私に見せる。
「ほら。これがよしこの中に入ってたんだよ。見て。」
「あ・・・・・・、すごい。」
黒いバイブを、私は恥ずかしくて正視できなかった。
マーはさっきまで私の中に入っていたバイブを私の口元に押し付け、両唇の間にねじ込んだ。私はフェラをするように、舌を少し出しながらバイブをねぶった。

「ほら、自分で持って、挿れてみな・・・。」
彼の言うがままに、私はベッドに仰向けに横たわり、右手に持ったバイブの先端を膣の入り口にあてがう。
そっと挿れてみる。

「もっと奥まで。よしこ、自分で動かしてみろよ。」
私はオナニーはクリ派。ヴァギナに指を挿れることはない。
バイブを自分で抜き差しする動きは、ぎこちなかったかもしれない。マーはバイブのスイッチを入れた。

「ああ! ダメ、マーさん・・・・・・。」
突然動き出したバイブに、私は驚いて手を離した。
「ダメじゃないか。抜けちゃうよ。」
そう耳元で囁くと、マーはバイブを突っ込んだまま私を座らせ、後ろから抱きかかえた。

この古いホテルの部屋には、ベッドの横に鏡が貼ってある。
Sなマーは、私に鏡に映った自分の姿が見えるような態勢をとらせた。
「ほら、見ろよよしこ。イヤらしい顔してる。」
キャミ1枚で、股間にはバイブを挿れられて膝をついている私。体の大きな彼に後ろから抱きすくめられている。
マーはキャミをまくりあげ、片手で乳房を鷲づかみにして揉み、もう片方の手でバイブを操る。

「いや・・・、いやー、ダメだよ・・・。」
「”いや” じゃないだろ?いいんだろ?いいって言ってみろよ。」
「あん、いい・・・、すごくいい、感じる、マーさん・・・。」
「よしこ、俺のことも気持ちよくさせて。」

バイブを抜き取って、マーにフェラ。
最初は大事にゆっくり。隅々まで舐め上げてから、深くくわえ込むとマーは大きく喘いだ。
「あぁ・・・、すごくいいよ。よしこ・・・。」


↓私の参加しているお気に入りのコミュニティです↓
出会い 出会い系サイトの口コミ 出会い系サイトの簡単攻略 出会い系サイトのランキング 出会い系サイトのお役立ち情報 写メの掲示板 メル友の出会い セフレの出会い 逆援助の出会い 中高年の出会い ロリ巨乳の出会い 人妻の出会い 熟女の出会い 出会い系サイトのクチコミと評判 悪質出会い系のクチコミ 出会い系サイトのサクラ SENTARの攻略 女性の出会い系口コミや評価 出会える出会い系サイトのランキング 恋のお便り攻略情報 YOUTUBEのエロ動画まとめ 出会い系サイトのランキング TUBE8のエロ動画まとめ セフレ掲示板でセフレと出会い 裏アゲサゲのエロ動画まとめ 芸能人・女優の濡れ場ヌード動画 放課後の少女 萌えた体験談のコピペ
【2009/12/08 20:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。